MENU

重度訪問介護ソフトケア

ALSなど難病の方にも安心してご自宅での生活が出来るよう、又、その生活の質の向上を図るために、医療と福祉の連携を図りながら、個々の出来る事を最大限に生かす事に努め、その担い手となる人材を育成して行く事に努めます。

 

痰の吸引や排泄に食事などの胃ろう、生活全般の介助を24時間実施できるよう体制作りを進めています。

 

在宅ケア

基本的に全てのご利用者様に共通の願いが、住み慣れた環境や家族との生活という、難病などの事情から病院での生活しかない時代もありました。幸い、利用者様自身の活動から始まり今では法改正も実施される中で、自宅での生活全般をヘルパーが支えながらご利用者様の在宅での日常、同時にご家族の負担軽減に安心して安楽に生活の質の向上を図れる体制をとる事が可能になってきました。

 

ただ、良い事だけでは無く行政のお陰で扉の開いた制度に、それを支える介護福祉士などのヘルパーが不足している事は、毎日のニュースなどでも報じられ周知の事実だと思います。

 

質の高いケアを確保しながら少しでも多くのヘルパーを育成していけるように、体制づくりを進めているところです。

登録ヘルパー&スタッフ募集中

更新履歴